スマホ 話題

【2020年新型】iphone12発売日や値段は?何が変わったの?スペック・性能まとめ

スポンサーリンク

 

先日、Appleからiphone12が発売されることが発表されました。

新型コロナウイルスの影響で発表・発売が遅れていましたが、ようやく発表されましたね。

iphone12シリーズはiphoneシリーズで過去最多の4モデルで、iphone12・iphone12mini・iphone12Pro・iphone12ProMaxです。

今回この記事では、iphone12シーリズの各キャリアごとの発売日・予約開始日・値段 や 何が変わったのか、スペック・性能などを紹介していきます。

2020年発売のiphone12は4機種

iphone12は4機種がラインナップされました。

出典元 : Apple

iphone12mini  
  :  5.4インチ(通常モデル) 
     64GB・128GB・256GB

iphone12   
  :  6.1インチ(通常モデル) 
     64GB・128GB・256GB

iphone12 Pro   
  :  6.1インチ(上位モデル)   
     128GB・256GB・512GB

iphone12 Pro Max 
  :  6.7インチ(上位モデル)   
     128GB・256GB・512GB

iphone12miniは5.4インチと非常にコンパクトサイズになっています。

今年2020年5月に発売されたコンパクトさが売りのiphoneSE(第2世代)は画面が4.7インチの148gでしたが、iphone12miniは5.4インチで133gとディスプレイサイズが大きくなり、さらに軽量化されました。

小型なiphoneが欲しいという方には魅力的なiphone12miniです。

 

iphone12は何が変わったのか?4機種全てに共通するポイント

 

Photo: Jonas Svidras @ STEP.CAMERA

iphone12ではなにが変わったのでしょうか?以下はiphone12シリーズ4機種の全てに共通するポイントです。

  • iphone初の5G対応
  • 有機ELディスプレイを搭載
  • カメラ性能UP
  • 耐久性UP
  • 性能処理・バッテリー持ちUP
  • マグネットで充電器と繋がって充電できる「MagSafe」充電に対応で充電速度UP

1番の注目は、iphone初の5G通信対応でしょう。

「カメラ性能」、はiphone12シリーズの4機種の間での差はあるものの、どの機種も性能UPしています。

上に挙げた6つの点についてはまた後ほど詳しくみていきます。

 

【新型iphone12】発売日と予約開始日

出典元 : Apple

AppleStoreでのiphone12シリーズの発売日と予約開始日はこちらです。

モデルごとに異なります。

iphone12mini  
     ・予約開始日 :   11月6日 (金) 
     ・発売日     :   11月13日 (金)

iphone12   
    ・予約開始日    :   10月16日(金) 
    ・発売日       :   10月23日(金)

○  iphone12 Pro   
    ・予約開始日   :   10月16日(金) 
    ・発売日      :   10月23日(金)

iphone12 Pro Max 
   ・予約開始日    :   11月6日(金) 
   ・発売日       :   11月13日(金)

標準モデルのiphone12と上位モデルのiphone12 Proが一歩先に10月に発売されます。

標準モデルのiphone12 mini と上位モデルのiphone12 Pro Max は11月の発売です。

いずれも予約開始日は、発売日の一週間前です。

また、au・ドコモ・ソフトバンク、各キャリアごとの発売日・予約開始日はこちらです。

 

au・ドコモ・ソフトバンクの発売日・予約開始日

各キャリアごとのiphone12シリーズの発売日・予約開始日は下記の通りです。

iphone12/iphone12 Pro
  予約開始日 発売日
au 10月16日(金)午後9時~ 10月23日(金)
ドコモ 10月16日(金)午後9時~ 10月23日(金)
ソフトバンク 10月16日(金)午後9時~ 10月23日(金)
iphone12 mini/iphone12 Pro Max
  予約開始日 発売日
au 11月6日(金) 11月13日(金)
ドコモ 11月6日(金)午後10時~ 11月13日(金)
ソフトバンク 11月6日(金) 11月13日(金)

 

 

iphone12・mini・Pro・ProMax 値段

 

続いて、気になる価格です。

AppleStoreでの値段

AppleStoreでのSimフリー版のiphone12・mini・Pro・ProMaxの価格についてまとめました。以下全て税込み10%の価格です。

<標準モデル>

  64GB 128GB 256GB
iphone12 mini 82,280円 87,780円 99,880円
iphone12 94,380円 99,880円 111,980円

<上位モデル>

  128GB 256GB 512GB
iphone12 Pro 117,480円 129,580円 153,780円
iphone12 Pro Max 129,580円 141,680円 165,880円

参考までに発売当初の iphoneSE (第2世代)、iphone11シリーズとの価格比較表はこちらです。

  64GB 128GB 256GB 512GB
iphone12 mini 82,280円 87,780円 99,880円
iphoneSE (第2世代) 49,280円 54,780円 66,880円
iphone12 94,380円 99,880円 111,980円
iphone11 82,280円 87,780円 99,880円
iphone12 Pro 117,480円 129,580円 153,780円
iphone11 Pro 117,480円 135,080円 159,280円
iphone12 Pro Max 129,580円 141,680円 165,880円
iphone11 Pro Max 131,780円 149,380円 173,580円

iphone11 vs iphone12 → iphone12の方が高い

iphone11 Pro vs iphone12 Pro → iphone11 Proの方が高い

iphone11 Pro Max vs iphone12 Pro Max → iphone11 Pro Maxの方が高い

と、標準モデルではiphone12の方が高く、上位モデルではiphone11 Pro、iphone11 Pro Maxの方が高くなっています。

iphoneSE(第2世代)と iphone12 mini は両者ともコンパクトモデルということで比較してみました。

iphoneSE(第2世代)は様々な部分でiphone8と似ていると言われていますが、CPU(人間で言う頭脳の部分)の処理速度は、iphone11シリーズと同じものだそうです。

iphone初の高速・大容量通信規格 5Gに対応したiphone12シリーズでしたが、想像したよりも値上がりしませんでした。

 

 

au・ドコモ・ソフトバンクの価格

上記ではAppleStoreでの価格を紹介しましたが、次にau、ドコモ、ソフトバンクの各キャリアごとでの価格を紹介します。

現時点ではiphone12 と iphone12 Proの価格のみ発表されています。

11/6(金) 各キャリアから iphone12miniとiphone12ProMaxの価格も発表されました!

<適用割引を受ける前の価格>

  iphone12
  64GB 128GB 256GB
au 103,403円 108,260円 122,435円
ドコモ 101,376円 109,296円 123,552円
ソフトバンク 110,880円 116,640円 131,040円
  iphone12 Pro
  128GB 256GB 512GB
au 127,495円 140,750円 168,170円
ドコモ 129,096円 142,560円 169,488円
ソフトバンク 137,520円 151,920円 180,000円
  iphone12 mini
  64GB 128GB 256GB
au 90,065円 95,240円 109,305円
ドコモ 87,912円 95,832円 110,088円
ソフトバンク 96,480円 102,960円 116,640円
  iphone12 ProMax
  128GB 256GB 512GB
au 141,900円 155,150円 181,540円
ドコモ 142,560円 156,024円 182,952円
ソフトバンク 151,920円 166,320円 194,400円

 

○既存ユーザ向け

<au:かえトクプログラム 、ドコモ:スマホおかえしプログラム 、ソフトバンク:トクするサポート+適用後価格>

  iphone12
  64GB 128GB 256GB
au 55,430円 57,500円 65,435円
ドコモ 67,584円 72,864円 82,368円
ソフトバンク 55,440円 58,320円 65,520円
  iphone12 Pro
  128GB 256GB 512GB
au 67,735円 74,750円 89,930円
ドコモ 86,064円 95,040円 112,992円
ソフトバンク 68,760円 75,960円 90,000円
  iphone12 mini
  64GB 128GB 256GB
au 48,185円 50,600円 58,305円
ドコモ 58,608円 63,888円 73,392円
ソフトバンク 48,240円 51,480円 58,320円
  iphone12 ProMax
  128GB 256GB 512GB
au 75,900円 83,030円 97,060円
ドコモ 95,040円 104,016円 121,968円
ソフトバンク 75,960円 83,160円 97,200円


→au:かえトクプログラムについてはこちらで詳しく書いています

au、ドコモ、ソフトバンクのこれらのどのプログラムも、旧スマホを返却することによって機種代金を一部免除するというどれも似たようなプログラムとなっています。

さらにauは既存ユーザー向けに「5G秋トクキャンペーン」、ソフトバンクはオンライン限定「Web割」を開催しています。

auの「5G秋トクキャンペーン」は、10月15日(木)〜11月30日(月)までに店頭で手続きした場合は端末代金から5,500円(税込)割引もしくは、オンラインで手続きした場合はau Pay残金5,500円(不課税)キャッシュバックというものです。
→au「5G秋トクキャンペーン」

ソフトバンクのオンライン限定「Web割」は、

・キャンペーン期間内(終了日未定)に、「ソフトバンクオンラインショップ」、「ワイモバイルからソフトバンクへののりかえ専用サイト」または「ソフトバンク電話店」(対象電話番号0800-170-9084、またはYahoo!携帯ショップ掲載の0120-907-251)で対象機種を購入する
・「データプランメリハリ」に加入すること
・対象機種の購入時に「自宅受け取り」を選択すること

を条件に、MNPの場合は機種代金 21,600円、機種変更の場合は機種代金 を5,280円割引するキャンペーンです。

既存ユーザの方は、機種変更にあたるので、このキャンペーンにより、5,280円が割引されます。
→ソフトバンク、オンライン限定「Web割」

 

auで「auかえトクプログラム」と「5G秋トクキャンペーン」を適用した場合、ソフトバンクで「トクするサポート+」とオンライン限定「Web割」を適用した場合の実質負担額は以下のようになります。

<au:かえトクプログラム +5G秋トクキャンペーン、ソフトバンク:トクするサポート++オンライン限定「Web割」適用後価格>

  iphone12
  64GB 128GB 256GB
au 49,930円 52,000円 59,935円
ソフトバンク 52,800円 55,680円 62,880円
  iphone12 Pro
  128GB 256GB 512GB
au 62,235円 69,250円 84,430円
ソフトバンク 66,120円 73,320円 87,360円
  iphone12 mini
  64GB 128GB 256GB
au 42,685円 45,100円 52,805円
ソフトバンク 45,600円 48,840円 55,680円
  iphone12 ProMax
  128GB 256GB 512GB
au 70,400円 77,530円 91,560円
ソフトバンク 73,320円 80,520円 94,560円

 

○新規ユーザ向け

<au:au Online Shop お得割 +かえトクプログラム、ドコモ:5G WELCOME割 +スマホおかえしプログラム、ソフトバンク:トクするサポート++オンライン限定「Web割」>

※「MNP」のみ、ドコモは「スマホおかえしプログラム」、ソフトバンクはオンライン限定「Web割」が適用される。
「新規」にはこの割引は適用されず、上記の既存ユーザー向けの価格と同じになるため省略。

  iphone12
  新規 MNP
  64GB 128GB 256GB 64GB 128GB 256GB
au 44,430円 46,500円 54,435円 33,430円 35,500円 43,435円
ドコモ 52,896円 58,176円 67,680円
ソフトバンク 44,640円 47,520円 54,720円
  iphone12 Pro
  新規 MNP
  128GB 256GB 512GB 128GB 256GB 512GB
au 56,735円 63,750円 78,930円 45,735円 52,750円 67,930円
ドコモ 71,376円 80,352円 98,304円
ソフトバンク 57,960円 65,160円 79,200円
  iphone12 mini
  新規 MNP
  64GB 128GB 256GB 64GB 128GB 256GB
au 37,185円 39,600円 47,305円 26,185円 28,600円 36,305円
ドコモ 43,920円 49,200円 58,704円
ソフトバンク 37,440円 40,680円 47,520円
  iphone12 ProMax
  新規 MNP
  128GB 256GB 512GB 128GB 256GB 512GB
au 64,900円 72,030円 86,060円 53,900円 61,030円 75,060円
ドコモ 80,352円 89,328円 107,280円
ソフトバンク 65,160円 72,360円 86,400円

※「MNP」とはMobile Number Portabilityの略で、電話番号はそのままで移転先の携帯電話会社のサービスを利用できる制度のこと。「新規」の場合は電話番号も変わってしまう。

auは、既存ユーザ向けの「5G秋トクキャンペーン」に代わって新規ユーザ向けに「au Online Shopお得割」

ドコモは、新規ユーザ向け(MNP)に「5G WELCOME割」

ソフトバンクは上記で記載したとおり、既存ユーザーと新規ユーザ向け(MNP)にオンライン限定「Web割」を実施しています。

 

「auOnlineShopお得割」では、au Online Shopで購入した場合、新規の場合は11,000円の割引、MNPの場合は22,000円の割引になります。

例えば、iphone12の64GBで新規の場合、かえトクプログラム55,430円-11,000=44,430円、MNPの場合、かえトクプログラム55,430円-22,000=33,430円になります。

ドコモの「5G WELCOME割」では、MNPの方のみ22,000円割引になります。ここで注意することが、新規の場合は「5G WELCOME割」の適用はなく、既存ユーザの方と同じ価格になるということです。

例えば、iphone12の64GBでMNPの場合、「5G WELCOME割」で101,376円-22,000円=79,376円、スマホおかえしプログラムで79,376円から52,896円になります。

ソフトバンクのオンライン限定「Web割」はMNPの場合には21,600円が割引されます。

例えば、iphone12の64GBでMNPの場合、オンライン限定「Web割」で110,880円-21,600円=89,280円、トクするサポート+で89,280円から44,640円になります。

【iphone12シリーズ】カラー・デザイン

iphone12シリーズのカラーは、標準モデルと上位モデルとで異なります。

標準モデル: iphone12 mini / iphone12

 

iphone12 mini / iphone12

  • ブラック
  • ホワイト
  • レッド
  • グリーン
  • ブルー

新色は一番右の「ブルー」で、ブルーと言っても画像のようにスカイブルーではなく日本人に馴染みのあるような藍、紺といったようなブルーです。

 

上位モデル: iphone12 Pro / iphone12 Pro Max

iphone12 Pro / iphone12 Pro Max

  • シルバー
  • グラファイト
  • ゴールド
  • パシフィックブルー

新色は一番右の「パシフィックブルー」です。

iphone11 Pro、iphone11 Pro Max は「ミッドナイトグリーン」がありましたが、そちらが廃止されて「パシフィックブルー」になりました。

「パシフィックブルー」は深海や夜空を思わせるような高級感のあるカラーになっています。

前回の人気色は、「ゴールド」と前回新色だった「ミッドナイトグリーン」だったので、今回も新色の「パシフィックブルー」は人気色になりそうです。

また、iPhone 6以降のiPhoneは、フレームが丸みを帯びているデザインでしたが、iPhone4や5シリーズのようにフレームが角ばったデザインになりました。

スティーブ・ジョブズが手掛けていた時代のiPhoneに回帰したようです。

 

 

生体認証は?

新型コロナウイルスの感染拡大を防ぐ目的でマスクを着用する人が世界的に多い中、注目を集めていた生体認証ですがTouchID(指紋認証)の復活はなく、FaceID(顔認証)のみということになりました。

Androidスマートフォンでは、画面内指紋センサーを搭載するモデルが幾つか登場していることから、期待していた方も多かったでしょう。

 

【iphone12シリーズ】できるようになったこと6つ

それではここで冒頭で紹介したiphone12シリーズでできるようになったこと6つを紹介していきます。

iphone初の5G対応

 

iphone12シリーズはすべて5G通信に対応しています。

ただ、新型iPhone 12の米国版は高度な5G「ミリ波」に対応しているのに対して、今回の新型iphone12日本版は、周波数「Sub6」のみに対応し、「ミリ波」には非対応となりました。

「Sub6」「ミリ波」は5Gから利用できる新しい周波数帯のことを言います。

4Gは3.60GHz未満の周波数値帯ですが、「Sub6」は3.6GHz~6GHz未満の帯域、「ミリ波」は28GHz~300GHzを利用します。周波数が高ければ高いほど「帯域幅」が広くなり、データ通信をスムーズに行うことができます。

そのため、5G通信が可能になると、「大容量のデータが超高速でダウンロードできる」「遠隔地からVRライブを視聴できる」などといいますが、これは「ミリ波」に対応している場所で「ミリ波」に対応したスマホを使用したときの話になります。

もちろん、「Sub6」に対応したことによって、4G通信の時よりは高速になりますが、「ミリ波」ほどの速度向上にはなりません。

ただ現状、日本の5Gはほとんどが「Sub6」であり、「ミリ波」が使える場所はかなり限定されています。そのため、「ミリ波」に非対応なスマホでも問題はありません。

日本における本格的な5Gサービスは2024年以降だと言われています。

→4Gと5Gの違いについて、5Gのデメリットは?

 

 

有機ELディスプレイを搭載

iphone12シリーズでは、iPhone 11 Pro/Pro Maxに引き続き有機ELディスプレイを搭載しました。

みなさん、有機ELディスプレイというと液晶ディスプレイに比べて「薄く、発色が鮮やか」というイメージの方が多いと思いますが、ほかにも「画面の応答速度が速くなる」という大きなメリットがあります。

応答速度が良いと、画面の残像感が消えて、スマホをよりサクサクと使えるようになります。

カメラ性能がUP

 

iphone12シリーズでは、広角カメラのレンズがf/1.6と明るいものに刷新され、より多くの光を取り込むことができ、暗い場所での撮影が得意になりました。

iphone11シリーズは広角カメラのレンズがf/1.8でした。調べてみたところ、このf値が少ないほどレンズが明るく、f値だけで比べるとしたらf値が少ないレンズのカメラほど性能が良いと言えるそうです。

さらに、HDRは「スマートHDR 3」に進化し、iphone11シリーズではアウトカメラのみにナイトモードが搭載されていましたが、iphone12シリーズではインカメラにもナイトモードが搭載されました。

また、上位モデルのiphone12 Pro、iphone12 Pro Maxはアウトカメラに「LiDARスキャナ」を iPhoneで初めて搭載しています。

LiDARスキャナは、自動運転車やロボットなどに使われている、赤外線を使って三次元形状を高精度で把握することができるセンサーです。

三次元形状を高精度で把握することができるため、現実と仮想を重ねるARアプリが高速に、高精度になるのが効果のひとつです。

さらに暗い場所のオートフォーカスは6倍も速くなるため、写真撮影時にも役立ちます。

 

耐久性UP<新技術『セラミックシールド』も>

画面側のガラスに採用された新技術『セラミックシールド』は、ガラスの傷や衝撃に対する耐久性を高めるものです。

「iPhone11シリーズに比べて、落下に対する耐久性が4倍」と言われています。

iphoneは落下すると、画面がバキバキに割れてしまうことが多かったですが、それも少なくなりそうで嬉しい限りですね。

 

性能処理・バッテリーUP

iPhone11には史上最速と言われた「A13 Bionic」チップが搭載されていますが、iPhone12にはさらに進化した「A14 Bionic」チップが搭載されました。

「A14 Bionic」チップが搭載されたことで、顔認証でロックを解除をする「FaceID」や、カメラで読み取った人の表情をアニメーション化された絵文字に変換したりする「ニューラルエンジン」においての処理速度がUPします。

また、「A14 Bionic」チップは省エネ・待機時消費電力抑えられることができるため、バッテリー持ちが良くなります

充電速度UP<MagSafe充電>

iphone12シリーズには背面に「マグネット機構」が搭載されています。

そのため、Appleが新たに開発した磁石付きのワイヤレス充電器である「MagSafe充電器」を背面にくっつけることで高速での充電が可能です。

「MagSafe充電器」以外のワイヤレス充電器でも充電は可能ですが、正しい位置に端末を置かなければ充電が遅く非効率になるという欠点があります。また、充電速度は7.5Wに制限されています。しかしながら、「MagSafe充電器」ではワイヤレス充電器と端末が常に正しい位置でくっつくようになり、さらに15Wでの充電が可能になりました。

 

まとめ

  • 4機種がラインナップ
  • iphone12 mini はiphoneSE(第2世代)よりも画面サイズが大きく軽い
  • iphone12と iphone12 Proが一歩先に10月23日に発売 / iphone12 mini と iphone12 Pro Max は11月13日の発売
  • 本体価格はiphone11シリーズとあまり変わらない
  • デザインは角ばったものへと原点回帰
  • 生体認証は「FaceID」のみ
  • iphone初の5G通信対応
  • カメラ性能・耐久性・性能処理UP
  • MagSafe充電が魅力的

今回はiphoneシリーズで最多の4機種がラインナップされましたね。

iphone12 mini は、小型なiphoneが好きという方には非常に魅力的です。

また、5G通信にも対応したり、カメラ性能、性能処理もUPしましたが、価格はiphone11シリーズとあまり変わりませんでした。

個人的には耐久性がUPして画面が割れにくくなったことが非常に気に入りました。

各キャリアごとにお得になるプログラムを実施していますので、気に入った方は是非購入を検討してみてくださいね。

 

スポンサーリンク

-スマホ, 話題

© 2021 ひかえりぶろぐ Powered by AFFINGER5